Home  > Blog 「銀河ステーション」

エントリー

カテゴリー「作品・お仕事」の検索結果は以下のとおりです。

雨上がりのツツジ

雨上がりのツツジ


雨が上がったので、すぐ近くの郵便局まで用足しに行きました。
ツツジの花にたまった雨のしずくがきれいでした。


「Pavane pour une infante défunte」

"Pavane pour une infante défunte"

幻聴は、ラベルの名曲『亡き王女のためのパヴァーヌ』をベルトラン・シャマユのピアノ演奏でお送りします。

この曲は、『天の女王』の副主人公であるディエゴ・ベラスケスが描いた『王女マルガリータ』に、感銘を受けて作曲されたと言われています。
マルガリータ・テレサ・デ・エスパーニャ王女は、作中に出てくるフェリペ4世の娘です。(母はイサベル王妃ではなく、次の妻です)
実際には22歳まで生きて、後に神聖ローマ皇帝レオポルト1世の最初の皇后となりました。

Retrato de la infanta Margarita (3), by Diego Velázquez

『青い衣装のマルガリータ』(Public Domain)

ベラスケスが描いた王女の肖像画は何枚もあり、『青い衣装のマルガリータ』が有名です。(父のフェリペ4世や、アブスブルゴ朝最後の国王となった弟のカルロス2世とよく似ています)
ラベルはこの絵ではなく、パリのルーヴル美術館に収蔵されている1654年頃に描かれた4歳の王女像を見たそうです。


『天の女王』


というわけで『天の女王』好評発売中です。

※Pentax K-3 + DA☆ 50-135mmF2.8


★★時代小説SHOWで『影の火盗犯科帳〔三〕』の書評を頂きました!★★

『影の火盗犯科帳〔三〕』(提供:角川春樹事務所)


「時代小説SHOW」で、文芸評論家の理流(Riryu)さまに『影の火盗犯科帳〔三〕~伊豆国の牢獄』(角川春樹事務所)の書評を頂きました。

とても素敵な書評です。皆さまに、ぜひお読み頂きたいです。

――著者の最新単行本『天の女王』にも通じるスケールの大きなクライマックスで、胸が躍りました。

お言葉に、大きな勇気を頂くことができました。
次回作へのパワーが湧いて参ります。

理流さまには、先日も『天の女王』の書評を頂きました。
続けてのご紹介、大変にありがたいです。心より感謝申し上げます。
今後ともご指導ご鞭撻のほど、何とぞよろしくお願い申し上げます。


★★細谷正充先生に書評を頂きました★★

ランティエ2017.6


5月1日刊行の『ランティエ』(角川春樹事務所)6月号「ニューエンタメ書評」のコーナーで、文芸評論家の細谷正充先生に『天の女王』(H&I)の書評を頂きました。

――当時のスペインの状況や、多数の実在人物を組み込んだストーリーも鮮やか。スペインを愛する作者だから書けた良作だ。(抜粋)

ご評価、大変にありがたく、これからの執筆への大きな勇気を頂けました。

「――なお、踵を接するように発売された『影の火盗犯科帳〔三〕伊豆国の牢獄』(ハルキ文庫)も面白かった。鳴神響一、絶好調である。(抜粋)

ご期待に背かぬよう、精進して参りたいと存じます。

★細谷先生には2月22日にご刊行の『歴史・時代小説の快楽 読まなきゃ死ねない全100作ガイド』(河出書房新社)の中でも、拙作『鬼船の城塞』をお採り上げ頂きました。

細谷先生、本当にありがとうございました。
今後ともご指導ご鞭撻のほど、何とぞよろしくお願い申し上げます。

【追記】この記事がYahooニュースで読めます!

ページ移動

ユーティリティ

Kyoichi's Blog

Author

第6回角川春樹小説賞を受賞し、『私が愛したサムライの娘』でデビューしました。
同作で第3回野村胡堂文学賞を受賞しました。
フラメンコファンです。

Ranking

にほんブログ村 小説ブログ 小説家へ

フラメンコ ブログランキングへ

Entry  Search

エントリー検索フォーム
キーワード